高槻第1団のあゆみ

ここでは高槻第1団のあゆみを年表形式にして掲載しています。
1971(昭和46)年 4月 高槻5団より分封復活(カブ隊・ボーイ隊)
1973(昭和48)年 4月 カブ第2隊発足
1978(昭和53)年 4月 ボーイ第2隊発足
1980(昭和55)年 3月 シニア隊発足
1985(昭和60)年 4月 ビーバー試行隊発足
ローバー隊発足
1986(昭和61)年 3月 ボーイ第2隊解散
  9月 新隊本部移転
本照寺育成会を脱退し、宗教団から地域団へと転換
1988(昭和63)年 3月 カブ第2隊解散
1990(平成2)年 4月 発団20周年
・育成会旗・団シンボルの制定
・団歌の制定
・20周年記念の歌「ペガサスのように」
1995(平成7)年 9月 発団25周年
1998(平成10)年 9月 シニア隊がベンチャー隊に移行
2000(平成12)年 9月 発団30周年
2004(平成16)年 1月 公式ウェブサイト仮公開
2005(平成17)年 9月 発団35周年
2008(平成20)年 11月 団本部リニューアルオープン
2011(平成23)年 10月 40周年記念式典開催

高槻第1団のルーツを探る

40周年を記念し高槻第1団のルーツを探ってみました。
 元高槻市長:古田誠一郎氏は社会教育を推進する中で、ボーイスカウト隊を成立するため、JR以北に市立2中教員を中心に仮称高槻北部隊、
JR線以南に市立1中・高槻小学校教員を中心とする仮称高槻南部隊を育成する。
 昭和24年11月14日高槻南部隊は高槻1隊(初代隊委員長は松野保氏)として登録。
 その後、高槻北部隊は高槻2隊として登録、それとは別に湯浅学園に平間氏を中心とする高槻3隊が生まれる。
 しかし、古田氏は昭和25年市長を辞してボーイスカウト日本連盟中央事務局総主事に転出した。
 このように旧高槻市には3コ隊あったが、教職員更迭とか湯浅学園の事情により第1隊と第3隊は解消、2中教員で正恩寺住職(故)織氏の
高槻2隊だけが高槻2団として平成11年まで存続した。
 昭和37年富田町と高槻市の合併により三島第1団は高槻4団と改称した。昭和40年高槻4団は本照寺より離脱、これに伴い、浄土真宗の
信仰に基づいた高槻5団が本照寺内に昭和41年に発足した。
 昭和46年4月高槻5団の肥大化により高槻1団が分封復活した。(初代団委員長は高槻1隊発足時の隊委員長:松野保氏が就任した。)